フリードの買い替えと買取相場

フリードの買い替えと買取相場

フリードを購入して最初の車検が近づいてきたのですが、車を買い替えようと思っています。
実はミニバンに乗るのは初めてなので、広い室内と街中での利便性を考えて購入を決めたのですが、乗っているうちにもっと大きな車が欲しくなったのです。

ミニバンとしてはフリードはちょっと中途半端な大きさなので、出来ればヴェルファイアが買いたいなと考えています。
もちろん凄く高い車なので、出来れば・・ですけど。

その為に、節約を開始しているのですが、中々大変です。
節約だけではなく、今乗っているフリードを少しでも高値買取して貰うことも重要です。

そもそも3年落ちで、まだ古くなってもいません。
フリードは人気車種なので、相場の限界まで高く売りたいです。

参考:フリード買取

そこで取った作戦が、車買取一括査定サイトを複数利用する方法です。

元々一括見積もりサイトを利用すると高値の価格が付きやすいのですが、それを複数使って、限界まで多くの業者に査定を依頼するのです。

見積もりに参加する業者が増えれば増えるほど、在庫切れやバックオーダーを抱えた業者に当たって、高値買取に繋がる可能性が上がるのです。

実は、この作成、インターネットで調べていた時に見つけた方法そのままなんですけどね。
結果は、もちろん大勝利ですね!

ヴィッツの中古車買取相場

トヨタのヴィッツは幅広い年代が楽しむことができるコンパクトカーの代表とも言える車です。
排気量は1300cc前後が主流ですが、二人での外出であれば問題ないレベルのパワーを備えており、しっかりとアクセルを踏み込めば十分な加速を得られます。

また高速での走行でも余裕を持ってスピードを維持することが出来ます。
さらにパワーステアリングと幅広なタイヤ間のおかげで、誰にでも運転しやすい小回りの良い足回りをしています。

また内装についても運転席周りはかなり広めで、高身長の方でも窮屈にならずに運転できるだけの空間があり、後部座席を倒すことで、十分な積載空間を確保できるようになっています。

実際の燃費については、都市での一般的な走行ですとリッター14~15㎞となり、良好なレベルだと思います。
またヴィッツはエコナビ機能を搭載しており、燃費の良いアクセルの踏み方をしている場合にはエコナビランプが点灯するようになっています。

そして日頃どれくらい燃費の良い運転をしているかを5段階評価で確認できるようになっているため、常に燃費とエコを意識した運転を意識できるような作りになっています。

このようにヴィッツは一般的な要求のすべてをこなすことができる自動車です。
性別、年代を問わずに乗り回すことができ、家族の共用車として十分な機能を有していると言えます。
中古車買取価格もまずますで、「ヴィッツ 買取相場」で検索すると、色々な情報が出てきますよ。

参考:http://vitz8toyota.webcrow.jp/

セレナのおすすめポイントと下取り相場

日産セレナは言わずと知れた日本で最も売れているミニバンです。
他のミニバンと比べて売れる点は確かにたくさんあります。
セレナは現行のミニバンの中ではモデルが最も古いですが、モデルの古さを感じさせない洗練されたデザインと機能を備えています。

この車の特徴は、多彩なシートアレンジです。
2列、3列目のシートアレンジが他のミニバンよりもとても自由度が高いです。
シートの可動範囲もとても広く、他のミニバンよりも好きな位置にシートを配置できるので利便性がとても高いといえます。

また、ミニバンの中では高い安全性能を備えています。
安全性能の面では、新型ステップワゴンとセレナが抜きんでているといえます。
安全性能は今後の自動車には必需品と言えるものなので、この機能の有無は車を選ぶ際に重要視すべきポイントです。

セレナにはエマージェンシーブレーキが備えられています。
また車線逸脱の際の警報装置も備えています。
衝突の際に危険を感じれば自動ブレーキを起動して停止しますし、ハンドル操作を誤ったりして車線からはみ出せば、警告音がなるという安全機能を備えています。

また、室内の質感もとても上質です。
シートの生地や運転席周りのパネルの質感も好印象です。
ディーラーで一日レンタルしてくれたりもしますので、ぜひ試乗してみることをお勧めします。

参考:セレナ下取り相場

セレナ1代目から3代目までと下取り相場

一番最初にセレナを運転したのは、初代の色はエメラルドグリーンでした。
大学の友達と一緒に旅行に行く際にレンタカーで借りたものです。

次に運転したのは、2台目セレナで会社の社用車でした。
シルバーの無難なセレナでしたが、自家用車がセダンだったため、運転するたびに運転席からの眺めに興奮していました。

そして妊娠出産で退職しましたが、社用車の見晴らしの良さ、運転のしやすさが忘れられず、長女が1歳半のときにセレナに買い換えました。

2列目の真ん中がない7人乗りのキャプテンシートでしたので、1列目から2列目や3列目に移動しやすかったです。
病院などで診察券を出してから受診まで時間があると、3列目で子どもに授乳したり、オムツを替えることもできました。

子どもを2人連れてちょっと遠くへお出かけとなると、バスや電車より車で移動することが多くなってしまうのですが、子どもたちはバスに乗ってみたい気持ちもあったようで、それを満たしてあげるためにわざわざ最後列にチャイルドシートを配置して、ちょっとした幼稚園バスごっこなんかもできました。

お友達を乗せてあげたり、コストコさんで買ったものもトランクに入れずに車内に積んでそのまま食べることができたり、ファミリーカーとして本当に良い車だと思います。

プリウスのドライブと買取相場

私の自動車に関する思い出は、思わぬアクシデントに見舞われてしまったことです。
それは、どんなアクシデントかというと、山道で不注意な運転をしてしまい、側溝に自動車のタイヤがハマってしまったというアクシデントです。
私は、若い頃、友達3人を引き連れ、合計4人で山道をドライブしていました。

免許を取り立てでしたので、親のプリウスに乗って慎重な運転をしていたつもりだったのですが、そのとき山道ということもあり、車道に1匹のサルがあらわれました。

私は、そのサルを避けようと思ったのですが、そこでハンドルを切りすぎてしまい、慌てて急ブレーキを踏んだのですが、運転席側の前輪のタイヤが見事側溝にハマってしまったのです。

幸い誰にもケガはなく車体も損傷はなかったのですが、そのプリウスを側溝から出さなければなりません。
運良く、他には故障はありませんでした。

参考サイト:プリウス買取相場

私は、ジャッキを持っていなかったので、友達らと相談して3人で何とか押し上げることにしました。
私だけ運転席に残って押し上げてもらったのですが、幸い男性3人の力ということもあって、何とかプリウスは側溝から抜けることに成功したのです。

私は、友達3人に心からお礼を言い、何とかまた楽しいドライブを続けることができたのです。

運転に不慣れな女性にも!ミニバン人気ランキング!

ボックスタイプの車が人気ですね。
ミニバンという言葉が定着してから、20年以上にはなるだろうか。
今ではすっかりこの手の車が、世の中の席巻している。

その理由の第一に7~8人の大人数が乗れること。
子どもの各種スポーツ大会などでの送迎、チャイルドシート装着によるシート数の減少にも対応できること。
たくさんの友人・知人を乗せて出かけることができるなどが利点として挙げられる。
昨今のアウトドアブームも大きく影響している。

最後列を倒せば、広大なラゲッジスペースを確保できる。
家族4人分のキャンプ用具を容易にのみ込んでくれる。
ミニバンの大多数の車種では、2、3列目がフルフラット状態になる。

車内での仮眠も簡単にとることができ、何よりも手足を伸ばして車の中で寝泊まりできるのは、ありがたいことだ。
動力性能もひと昔前に比べて向上し、エンジンも3000ccの排気量を持つ車種もあり、ミニバンだから重いし、遅いといった概念が払拭された。

年齢層を問わず、各種エアロパーツを装備して、特に若年層向けのカスタマイズされた車種も数多い。
乗用車に比べてアイポイントも高いため、交差点での右折時には見通しが利いて、運転のしやすさもある。
運転の不慣れな女性にとっても、ミニバン人気が高まっています。

参考:ミニバン人気